マイホームを建てたいと希望している人のための施工業者選び

温泉を掘削

温泉掘削する前の机上における事前調査

温泉を開発するに当たっては、温泉開発を行う場所において実際に温泉が湧出するか調査の必要があり、たとえ湧出しても各自治体による規制が行われていないかを申請を行う前に調べておく必要があります。 まずは、既存の温泉源の有無、先願温泉開発申請、自治体等における規制、都市計画法や建築基準法を確認しなければなりません。 温泉が湧出する可能性を調査するには、既存の資料を収集し、地質構造を把握する机上調査を行うが、これは地熱有望地域分布図や日本温泉鋼線分布および一覧などの既存する文献とともに周辺の地質調査ボーリングのデータベースである国土情報検索サイトのボーリング柱状図を確認することなどがあります。 机上調査で温泉湧出の可能性が高いと判断した場合、現地でさらに絞り込むために、現地調査を行う必要があります。

詳細調査のための現地調査

温泉開発を行うにあたり、現地踏査は実際に温泉掘削を行う位置を決定する非常に重要な事前調査です。 温泉調査には物理調査を実施しますがこれには、地球科学探査、放射能探査、電気探査、電磁探査などを組み合わせて開発有望地の絞込みを行います。この調査にも数百万の費用を要するので、現地踏査で実際に現地の露頭地盤の地表探査を行い、少しでも有望な地点を絞り込みを行っておきます。 以上の調査結果から温泉開発の可能性を判断し、掘削地点の決定、温泉掘削計画、温泉掘削のための費用見積もりを行います。 調査の結果、温泉開発を行うことを決定した場合、各自治体への温泉掘削許可申請を提出する必要がありますが、これは設計図や地質図、同意書などの様々な書類を審議会に提出する必要があり、3〜6ヶ月程度の期間が必要となります。